円高・円安ってナニ?

円高・円安ってなんだろう?今回も相場に関するお勉強です。

円高=円が高い事、円安=円が安い事

なんか数字が大きくなってるのに「安くなる」って表現が解りづらい…

読んで字の如く、円が海外の通貨に対して高くなったり、安くなったり
する事をそれぞれ円高・円安と言います。

円高・円安とは読んで字の如く、円が海外の通貨に対して交換比率が高くなったら「円高」、交換比率が安くなったら「円安」と呼びます。ただし、高い・安いというのはいくら以上といった基準価格があるわけではなく、ある相対的な価格からの高い・安いを指して表現しています。
例えばテレビやニュースなどでも、毎日必ず為替について報道されていますが、その中でも「円高」「円安」という表現が使われることが多いですが、それは前日の為替レートに比べて「円高」または「円安」といった言い方になっているはずです。数字みると為替レートの数字が小さくなっているのに、表現は「円高」となったりするあたりが、初心者の方にはとても解りづらいと思いますが、上図のように円が他の通貨に対して価値が上がっているという所が覚えるポイントになります。
当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。