為替市場ってドコ?

外国為替市場(ガイコクカワセシジョウ)ってナニか?についてのお勉強です。

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)

異なった通貨の売買を行う市場で具体的な場所のないバーチャルな為替市場(一般的にはインターバンク市場(銀行間取引)を指す)

外国為替市場は、「がいこくかわせしじょう」と読み、異なった通貨の売買を行う市場の総称となっています。この外国為替市場は、取引所などのように、ある特定の場所に存在するのではなく、電話回線やコンピュターネットワークで繋がれたネットワーク全体のことを言います。
当然のことながら、外国の為替を取引する市場ですから、世界中で取引が行われます。そのため、株のように何時から何時までが取引時間と言うことが無く、外国為替市場では、世界中のどこかで24時間、常にトレードが行われているため「24時間眠らない市場」などと言われることもあるようです。また、世界レベルで取引が活発に行なわれている時間帯をそれぞれ「○○市場」と呼び、ニューヨーク市場、東京市場、ロンドン市場などと呼ばれます。そして一般的には、この3箇所が三大外国為替市場と呼ばれています。
なるほど!世界中で通貨を取引しているバーチャルな市場なんだね~
当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。