スワップとはなんだろう?

FX取引でよく耳にする「スワップ」についてのお勉強です。

FXでは利子や利息の変わりに通貨同士の金利差を交換するスワップという金利がある。日本は超低金利なので、このスワップポイントだけでも利益が狙える。

2通貨間の金利差をスワップポイントといい、金利の高い通貨を買って、持ち続けることで、スワップポイントでの利益を狙う投資家も多い

FX取引では上にある図に書かれているように、国の金利差で発生する金利差益をスワップポイントといいます。ポジション(建玉)を長く保有しないことはそれだけでリスク回避となります。
外国為替証拠金取引がスタートした1998年の外為法改正では(当時は電話取引)スワップポイントは主流でしたが、インターネットのインフラが設備されてからは、スワップポイント型から、デイトレーダー型へと需要の伸びが変わってきています。勿論スワップポイント型のトレーダーも多く存在していて、スワップポイントが安定しているのかは、国の金利施策を見ると良いでしょう。通貨としては、豪ドルやNZドル、南アフリカランド円などが人気の通貨となっています。
ただし、資金に余裕があり自己管理できるのであればスワップポイント型のトレーダーも良いのですが、文中にも書いているように、現在の主流はデイトレード型になっていてますので、この辺の認識は持ってスワップポイントを見ていくと良いでしょう。

為替取引での差益以外にもこういう利益の出し方もあるのね。FXが人気ある理由が解ってきた気がする

当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。