ロスカットってなんだろ?

FX取引のロスカットについてのお勉強です。

FXではトレーダーを守るシステムもある - 含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済システムです

ロスカットがあることで、基本的には証拠金以上の損失は出ません。

ロスカットとは簡単に言えば損切りですが、これはトレーダーを大きな損失から守るための仕組みの1つです。この「ロスカット」を自動的に行なってくれる仕組みを、強制ロスカット、自動ロスカットなどと言い(各社呼び方は違います)。
保有ポジションが強制ロスカットされる目安を「ロスカット比率」と言いますが、このロスカット比率も各社バラバラです。一般的には40%~50%が設定されていて、ロスカット比率50%の場合、100万円保証金を入れてトレード中に大きな相場変動があって、50万円以下になれば自動ロスカットが発生します。たしかに50万円の損益ですが、急激な変動によって50%以上のリスクが発生する場合もあるため、強制ロスカットすることで、最低限度「トレーダーの資金を守る」仕組みとなっています。
損切りという言葉がネガティブに捉えられていますが、本来は「ロスカット」という言葉は戦略的な要素が強く、考え方を「損切り」ではなく「ロスカット!」と考えることで、意識の違いがトレードに良い影響を与えることが多いのです。

FXではトレーダーを守る仕組みもちゃんとあるんだね

当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。