資産運用ってなんだろう?

そもそも資産運用ってどういう考え?ということについてのお勉強です。

ただ預けているだけでお金が増える時代は終わりました - 低金利なので貯金だけではお金が増えないし、年金もあまり期待できない、そんな時代だから資産の活かし方を考える必要があります。

資産運用といえば、日本でも1991年当初は、貯金するだけでも7~9%の高金利で運用されていた時代がありました。たしかに、それだけの金利があれば貯金こそ最強の運用となるのも頷けます。そのなごりで、現在でもご年配の方は「貯金しなさい」と仰る方もいらっしゃいますが、現在の0.01%などの金利では資産運用ではなく、ただな寝かせて置くこと事になります。たしかに貯蓄という意味では最低限の貯金も重要でしょうが、余剰金に関しては、「寝かせて置くのはもったいない」と言うのが現代の資産運用の考え方の主流でしょう。それぞれの時代で経済情勢にあった資産の運用方法を考えることがとても重要な時代になってきています。

お金は貯金しててもあんまり増えないんだね~

当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。