相場が活発に動く時間帯は?

1日のうちで為替が比較的大きく動く時間はある程度決まっています!

外国為替取引の3大市場の時間に動く - 東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の時間を意識しましょう!

短期売買を狙う方は特に相場が活発化する時間帯の把握が重要!

FX取引は、眠らない市場などと言われ24時間取引が行われていますがが、だからと言って、一日の全ての時間帯をトレード時間として使うことは一般的には不可能でしょう。だからこそ市場が動くタイミングを把握しておくことは、トレードを効率的に行う上で非常に重要なこととなります。

相場が動く上でとても重要なファクターとなるのが、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の3大市場の時間を意識することです。その時間の中でも、開始から前後2時間くらい の時間帯に相場が動きやすくなっていますので、まずは取引を行う時間の目安として、この時間帯を狙ってみるのも良いでしょう。もちろん経済指標などの発表される時間帯は、相場が動きやすいのですが、様々な指標発表の時間帯も、この開始から2時間前後の時間帯に行われることが比較的多いので、やはりこの時間帯が重要なのが再確認できます。FX初心者の方は、まずは、この3大市場の時間帯とその動きを気にしながらFXを見ていくと良いかも知れません。

おぉ!これは解り易い!3大市場の開始2時間前後だね♪

当サイトは、初心者向けに理解しやすい表現を用いて説明を行なっている為、必ずしも正確ではない表現で説明している文章がございます。正確な説明をお求めの方は、金融庁などのWEBサイトでご確認頂くようお願い致します。